日本有数のかつおの水揚げを誇る町「鹿児島・枕崎」で、鰹節、かつお製品、海産珍味の製造に取り組んでいます。

おいしいダシの取り方(削り節について) - 丸俊-鰹節(かつおぶし)

おいしいダシの取り方

味の決め手は、だしにあり。

おいしいダシを取るには、適量のかつお節を使うのがコツ。

かつおだしの取り方ひとつで、
料理の味の決め手となります。
美味しくかつおだしが取れる方法を教えます。
一番のポイントは、かつお節の量。
料理に合った適量のかつお節を使うことです。

1 まず、かつお節の粉がだしに入るのを防ぐため、
ザルはあらかじめキッチンペーパーを敷いておくと良いでしょう。
ダシの取り方1
2 お湯が沸騰してきたら、かつお節は一度に入れてください。
【例】4人前、600cc(1人当たり150cc×4人)の場合、かつお節の量は600ccの水に対し、約20gが適当です。
ダシの取り方2
3 かつお節を入れたら、香りが飛ばないよう弱火にします。
魚臭さを閉じ込めないため、ふたをしてはいけません。
ダシの取り方3
4 かつお節が沈んだら、すぐに火からおろし、ザルでこします。
この間、約1分が目安です。
ダシの取り方4

だしを取った後のかつお節

ワンポイントアドバイス

だしを取った後のかつお節は、電子レンジで乾かして、おしょうゆをかけ、香り付けにしょうがなどを加えれば、立派なおかずに変身します。

このページのTOPへ